未分類

リップル(XRP)は今後どうなっていくのか!?|専門家はどうみているのか?

カム
カム
どうもカムです!

年末年始みなさんいかがお過ごしだったでしょうか?

私は情けないのですが、インフルエンザにかかってずっと寝込んでました(笑)

今後みなさんも体調には充分お気をつけください!

さて今回は、仮想通貨のリップルについてです!

リップルに今後動きがあるようです!

実際どんな感じになっていくかみてきましょう!

リップル(XRP)ってどんな通貨?

リップル(XRP)は、アルトコインのひとつです。

アルトコインとは「Alternative Coin」の略称で、すなわち「代替コイン」を意味します。知名度の高いビットコイン(BTC)に対して、それ以外のアルトコインと呼ばれるようになりました。

なお、リップル(XRP)は、2004年から開発が始まり、2005年から運用が開始された、歴史のある仮想通貨です。

ビットコイン(BTC)の運用が開始されたのは2009年ですが、リップル(XRP)よりもビットコイン(BTC)の注目度が高くなったことで、リップル(XRP)はアルトコインと呼ばれるようになりました。

リップル(XRP)の総発行枚数

リップル(XRP)の通貨単位は「XRP」で、総発行枚数は1,000億XRPで設定されています。

日本円や米ドルなどの法定通貨は、政府の意向でいくらでも発行できますが、リップル(XRP)はすでに全枚数が発行済みなので、これ以上増えることはありません。

仮想通貨の中で総発行枚数を設定しているものを「デフレ通貨」と呼びますが、総発行枚数を設定することにより需要と供給のバランスがわかりやすくなります。

リップル(XRP)を欲しがる人が増えれば増えるほど貴重になっていき、リップル(XRP)の価値が自然と上がっていきます。

ただし、あまりにもリップル(XRP)が高騰した場合、リップル社(Ripple Inc.)が保有しているリップル(XRP)を市場に放出することで、価格を正常化させる可能性があります。

リップル(XRP)は決済システム

リップルとは、仮想通貨のみを指す言葉ではありません。

リップルは、リップル社が運営する決済システムのことも意味し、「リップル・トランザクション・プロトコル」が正式名称となります。

このシステム内で使用できる通貨もリップルと呼ばれ、通貨単位はXRPとなるのです。

なお、通貨を指す場合には、決済システムとの違いを明確にするために、「リップルコイン」と呼ばれることもあります。

リップル(XRP)を利用するメリット

リップル(XRP)には、さまざまなメリットがあります。

特に国際送金において、低コストになることや、送金スピードが速くなることがあります。

1. 国際送金が低コストになる

リップル(XRP)のメリットとして、国際送金が低コストになることが挙げられます。また、送金スピードが速いことも大きな魅力です。

XRPは「ブリッジ機能」を備えているため、円やドル、ユーロといった法定通貨だけではなく、仮想通貨のビットコイン(BTC)などの仮想通貨とも交換することが可能です。

これにより、送金や両替もスピーディーになり、手数料が大幅に削減できます。海外のクレジットカード会社や銀行では、送金時に活用されています。

2. 送金がシンプルになる

金融機関で海外への送金を行うときに高額な手数料を徴収されるのは、送金先の国の口座に着金するまでのあいだに、「コルレス銀行」と呼ばれる中継役の金融機関を経由しなければならないからです。

※コルレスとは「Correspondent(コレスポンデント)」の略で、日本語では「通信員・特派員」を意味します。

例えば、日本からアメリカへ送金するときには、円がドルに換算されるのですが、その間にブリッジ機能を果たすコルレス銀行を経由します。

法定通貨を送金する際は、コルレス銀行を経由する度に手数料がかかるため、送金手数料が高額となるのです。

リップル(XRP)が今後期待されている訳

ほとんどの主要アルトコインはここ数週間に渡ってビットコインの価格に追随しているという現状があって、リップルの価格に関しては0.25ドルほどの価格で推移しています。

リップルにはXRPとXrapidのクロスボーダー決済製品に関連する発表を行い、2017年から毎年開催している大型カンファレンス「SWELL」によってリップルとビットコインの価格の相関関係はなくなるのではないかと考えられています。

リップルにはXRPとXrapidのクロスボーダー決済製品に関連する発表を行い、2017年から毎年開催している大型カンファレンス「SWELL」によってリップルとビットコインの価格の相関関係はなくなるのではないかと考えられています。

リップル(XRP)の価格推移

ビットコインの下落と同時に下落したリップルの価格は0.23ドルほどの価格をつけていました。

ビットコインの7,800ドルまでの価格の回復とともにわずかに上昇しましたが、数日前に記録された週の最高0.26ドルからわずかに値を落としています。

リップルは現在、2018年の安値とほぼ同じ価格で取引されており、2019年の前半には多くの通貨で価格の伸び悩みが記録されていたが、ほとんどの主要な暗号は大きな利益を上げていました。

しかし、リップルの毎年恒例のスウェル会議が来月に迫っていて、これまでの価格変動をみるとリップルはスウェルの数週間前から価格が上昇するという事象が起きています。

リップル(XRP)取引所おすすめランキング3選

1位. コインチェック

  • スマホアプリが使いやすくダウンロード数が国内最多!
  • 販売所形式で初心者にも使いやすい!
  • リップルの他にも国内一豊富な仮想通貨を売買できる!
  • NEM流出事件後、経営を立て直し、金融庁に認可!

2位.ビットフライヤー

  • ビットコイン取引量が国内No.1の実績がある!
  • 超大手企業が株主で、信頼性が抜群に良い!
  • 販売所形式で操作がびっくりする程簡単!
  • 取引手数料が無料!

3位.DMMビットコイン

  • FX取引所最大手DMM.comが運営する安心感
  • 販売所形式で初心者に使いやすい
  • リップルのレバレッジ取引ができる
  • 今なら口座開設だけで1000円もらえる

まとめ

カム
カム
仮想通貨リップルについて理解できましたか?

今後、一番認知度の高いビットコイン を抜いて一番期待されて来ているリップルで取引してみたいですね!

しかし、仮想通貨はビットコインやリップルだけではありません。

まだまだたくさんの仮想通貨があるので知っていくと、取引の仕方も豊富になっていきます!

その他の仮想通貨についてもまとめていくので、ぜひご覧になってください!